小顔エクササイズでしっかりと顔を引き締めていくよう脂肪が原因となって顔に余分な脂肪が付いてしまっている時には行いましょう。
老廃物や毒素を取り除くリンパマッサージ、顔の余分な脂肪を燃焼させたりなどの効果があります。お肌のたるみやむくみなどが元となって顔が大きく見えてしまっている場合には、とにかく小顔マッサージ実践し、リンパの流れを改善してあげる必要があります。
さらに表情筋を鍛えてリフトアップをしていく方法もあるので覚えておきましょう。
誰でも驚きを隠すことの出来ない話題のエステで提供しているキャビテーションは、その痩身効果は科学的に実証されています。
実際にエステで施術を受けてみるとわかりますが、短時間で目で見えるまで痩身を作ることが出来てしまうのです。 顔が大きくなる原因の一つであるエラなど骨格の問題もいくつか挙げられますが、小顔の矯正をすることである程度の改善を期待することが出来ます。
まず最初にどこをどうしたいのかをしっかりと考えて小顔に挑戦してみると良いでしょう。



リンパを改善してアナタの理想とする小顔作りブログ:17/6/27

体重、体脂肪率、BMI、ウエストサイズ…
とかく減量には数字が付きまとうもの。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。
比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、
優劣の基準になりがち…

例えば…
減量中の友達と比べて、
「おいらなんて減量始めて一ヶ月たつけど、
7`落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり、
「体脂肪率をそんなに落とすなんて、おいらには絶対無理…」と
減量をあきらめたりしたことありませんか?

でもね…
体重や体脂肪率、減量の期間を、
人と比べるのはあまり意味が無いと思うんですよね。

実際、
体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、
同じ10kg減でも、減量の難易度はまったく違いますよね。

また、同じマイナス10kgでも
筋肉量をキープ、もしくは増やしながら減量した人は、
体重を落とすのに時間はかかるものの、
基礎代謝量が高く、太りにくくてやせやすい身体になっているので、
リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、
見た目も健康的で引き締まって見えるわけです。

減量の目標値やそれに必要な期間は、
その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わるもの。

減量に関する数値を他人と比べることで、
「おいらもがんばろう!」とやる気になるのであればいいのですが、
無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、
減量そのものをあきらめてしまったりすることは、
とてももったいないことなんじゃないでしょうか?


このページの先頭へ戻る